国内外ニュース

仏空港襲撃、宗教動機のテロか 射殺の男「アラーの名の下に」

 18日、パリ郊外オルリ空港で警戒に当たる警察の特殊部隊(ゲッティ=共同)  18日、パリ郊外オルリ空港で警戒に当たる警察の特殊部隊(ゲッティ=共同)
 【パリ共同】パリ郊外オルリ空港で治安要員を襲撃した男が射殺された事件で、検察当局者は18日記者会見し、男が襲撃の最中に「(イスラム教の神)アラーの名の下に死ぬために来た」などと叫んでいたと明らかにした。当局は宗教的な動機によるテロの可能性があるとみて捜査している。

 当局者によると、男はパリ近郊に住むフランス人のジエド・ベンベルガセム容疑者(39)。連続強盗、麻薬取引などの罪で繰り返し実刑判決を受け、昨年後半から当局の監視付きで釈放されていた。刑務所内でイスラム過激派の影響を受けたとみられる。

 男の父、親族ら計3人が身柄を拘束され、当局の事情聴取を受けた。

(3月19日9時50分)

国際(3月19日)