国内外ニュース

山口組組長らに賠償命令、名古屋 あいさつ料強要

 指定暴力団山口組傘下の暴力団にあいさつ料を脅し取られたとして、名古屋市で飲食店を経営していた女性が山口組の篠田建市(通称司忍)組長や傘下の暴力団幹部に対し、損害賠償など計1735万円の支払いを求めた訴訟の判決で、名古屋地裁(加島滋人裁判長)は31日、訴えを認め支払いを命じた。

 暴力団対策法は指定暴力団員が資金獲得のため危害を加えたり財産を侵害したりした場合、上部団体組長らが賠償責任を負うと規定。原告側は使用者責任を定めた民法も適用されるとしている。

(3月31日13時46分)

社会(3月31日)