国内外ニュース

不動産セミナー巡る訴訟和解成立 トランプ氏側が28億円支払い

 【ロサンゼルス共同】トランプ米大統領が開いていた不動産セミナー「トランプ大学」から不当に高額な授業料を徴収されたとして、元受講者が起こした集団訴訟で、カリフォルニア州の連邦地裁は3月31日、トランプ氏側が原告に2500万ドル(約28億円)を支払い和解することを認めた。

 ロサンゼルス・タイムズ紙などは弁護士の話として、3700人以上が和解金を受け取るとした。トランプ氏は、授業料は妥当だなどと反論していたが、訴訟に費やす時間がないとして大統領就任前に和解の方針を決めた。訴訟は同州やニューヨーク州で起こされた。

(4月1日7時51分)

国際(4月1日)