国内外ニュース

不要携帯で五輪メダルを 「都市鉱山」回収本格化

 東京五輪・パラリンピックで授与されるメダルの材料に再生するため、不要な携帯電話を提供するパラリンピック競泳の山田拓朗選手(中央)。右は競泳の五輪メダリスト、松田丈志さん=1日午前、東京・大手町(代表撮影)  東京五輪・パラリンピックで授与されるメダルの材料に再生するため、不要な携帯電話を提供するパラリンピック競泳の山田拓朗選手(中央)。右は競泳の五輪メダリスト、松田丈志さん=1日午前、東京・大手町(代表撮影)
 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、大会で選手に授与するメダルの材料の金属に再生するため、不要となった携帯電話やデジタルカメラなど小型家電の回収を本格的に始めた。協力するNTTドコモの店頭で競泳男子の五輪メダリスト、松田丈志さん(32)やパラリンピック競泳の山田拓朗選手(25)=NTTドコモ=が自身の使用済み端末を提供。今後、全国の自治体も順次回収を始める。

 「都市鉱山」と呼ばれる使用済み小型家電は全国で年間65万トン。その中に844億円相当の有用金属が眠っているとされる。提供を呼び掛ける取り組みは過去の五輪・パラリンピックでも例がない。

(4月1日10時06分)

国際大会(4月1日)