国内外ニュース

甲子園に日本酒サーバー 灘の酒造会社が7日から

 日本盛が甲子園球場で生原酒販売に使う日本酒サーバー=5日午後、兵庫県西宮市  日本盛が甲子園球場で生原酒販売に使う日本酒サーバー=5日午後、兵庫県西宮市
 生ビールならぬ「生酒」を片手に野球観戦はいかが―。プロ野球阪神タイガースの本拠地、甲子園球場(兵庫県西宮市)で「日本酒サーバー」を背負った売り子が7日の対巨人戦から登場し、球場の全エリアの観客席でお酒の販売を始める。

 酒どころとして知られる「灘五郷」の酒造会社、日本盛(同市)が、日本酒専用の5リットル入りサーバーを開発。日本酒本来の味が楽しめるという生原酒を提供する。日本酒サーバーを使った球場内での販売は初めてといい、地元の二大ブランドの甲子園と灘の酒蔵がタッグを組んでビールサーバーに続くヒットを狙う。

 1杯約180ミリリットル入りで価格は550円。

(4月5日17時30分)

暮らし・話題(4月5日)