国内外ニュース

ハンガリー、大富豪の大学閉鎖へ 法改正、強権に批判

 4日、ブダペストの「中央ヨーロッパ大学」前で、同大閉鎖に向けた法改正に抗議する人たち(AP=共同)  4日、ブダペストの「中央ヨーロッパ大学」前で、同大閉鎖に向けた法改正に抗議する人たち(AP=共同)
 【ウィーン共同】ハンガリー議会は6日までに、同国出身でリベラルな発言を続ける米著名投資家の大富豪ジョージ・ソロス氏が共同創設した「中央ヨーロッパ大学」の閉鎖に向け、オルバン首相が進める教育関連の改正法案を可決した。AP通信などが伝えた。米政府やノーベル賞受賞者らが可決回避を求めていた。政権の強硬な手法に国際的な批判が集まりそうだ。

 同大学は冷戦終結後の1991年に設立され、93年から首都ブダペストにキャンパスを置き、計約1400人が在学。運営組織は米ニューヨーク州にあり、外国の大学とみなされている。

(4月6日21時00分)

国際(4月6日)