国内外ニュース

京都市職員がドラッグ所持疑い 「性的利用が目的」

 危険ドラッグ「ラッシュ」を所持したとして、近畿厚生局麻薬取締部は7日までに、医薬品医療機器法違反の疑いで京都市行財政局の職員塩田善行容疑者(47)=京都市西京区=を逮捕した。

 逮捕容疑は、自宅で5日、指定薬物の亜硝酸イソプロピルを含む液体状の「ラッシュ」が入った小瓶5本(計約20ミリリットル)を所持した疑い。逮捕は6日。

 取締部によると、塩田容疑者は「性的に利用する目的で持っていた」と供述し、容疑を認めている。取締部は5日に勤務先や自宅を家宅捜索。自宅から危険ドラッグの原料のようなものが見つかった。

(4月7日12時25分)

社会(4月7日)