国内外ニュース

蜂蜜原因で6カ月児死亡、東京 乳児ボツリヌス症、全国初

 東京都は7日、離乳食として蜂蜜を摂取したことが原因で乳児ボツリヌス症になったとみられる足立区の生後6カ月の男児が死亡したと発表した。都によると、統計で確認できた1986年以降、乳児ボツリヌス症での死亡例は全国で初めて。

 乳児ボツリヌス症は1歳未満の乳児がかかる。都は7日、1歳未満児には蜂蜜を与えないよう改めて呼び掛けた。

 都によると、男児は2月16日からせきなどを発症し、20日にけいれんと呼吸不全で救急搬送され、3月30日に死亡した。

 発症の1カ月前から、家族が離乳食として1日2回ほど、計約10グラムの蜂蜜をジュースに混ぜて飲ませていた。

(4月7日21時21分)

社会(4月7日)