国内外ニュース

憲法の公布原本公開始まる 国立公文書館で特別展

 昭和天皇の署名がある日本国憲法の公布原本=7日、東京都千代田区の国立公文書館  昭和天皇の署名がある日本国憲法の公布原本=7日、東京都千代田区の国立公文書館
 憲法施行から5月で70年を迎えるのを前に、制定までの歩みをたどる特別展「誕生 日本国憲法」が8日、国立公文書館(東京都千代田区)で始まった。昭和天皇の署名がある憲法の公布原本を公開。普段は地下の書庫に厳重に保管されているもので、長期間の展示は2014年以来となる。ほかにも計約60点の資料を展示。5月7日までで、入場無料。

 特別展では、当時の憲法担当大臣として千回以上の議会答弁に当たった金森徳次郎に注目した。金森が審議に備え、内閣法制局の幹部と練り上げた想定問答のほか、象徴天皇制に関し「Symbol」という言葉の意義を調べたとされる英語辞書を初公開する。

(4月8日10時21分)

社会(4月8日)