国内外ニュース

東証続伸、円安で買い優勢 北朝鮮情勢に警戒くすぶる

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町  東京証券取引所=東京・日本橋兜町
 週明け10日の東京株式市場は、円安ドル高を支えに買い注文が優勢になり、日経平均株価(225種)は続伸した。終値は前週末比133円25銭高の1万8797円88銭。最近の株安の反動で割安な銘柄が買われ、上げ幅は一時200円に迫ったが、北朝鮮情勢への警戒感がくすぶって伸び悩む場面もあった。

 東証株価指数(TOPIX)は9・88ポイント高の1499・65。出来高は約17億3200万株。

 米国の失業率低下や米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めが意識され、前週まで進んだ円高がひとまず一服した。自動車などの輸出関連株に買いが入り、平均株価を押し上げた。

(4月10日15時40分)

経済(4月10日)