国内外ニュース

首相と小池氏、対決鮮明に 7月に東京都議選

 自民党都連集会で気勢を上げる安倍首相(中央)ら=11日午後、東京都内のホテル  自民党都連集会で気勢を上げる安倍首相(中央)ら=11日午後、東京都内のホテル
 安倍晋三首相(自民党総裁)と東京都の小池百合子知事側が11日、都議選(7月2日投開票)に向けて対決姿勢を鮮明にした。首相は自民党東京都連が開催した決起集会で、小池氏が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」を念頭に「急に誕生した政党に都政を支える力はない」と強調。一方、都民ファーストの会は「旧来の勢力にとらわれている都政を解き放つ」とした綱領を発表し、都議会自民党をけん制した。

 首相は決起集会で、民主党政権時代の政治状況を引き合いに「烏合の衆が日本を混乱に陥れた、あの経験がある」と指摘した。

 都民ファーストの会の綱領は、都民の利益を最大化すると掲げた。

(4月11日21時25分)

政治(4月11日)