国内外ニュース

NHK受信料は「合憲」と法相 最高裁に意見表明

 NHKが東京都内の男性に受信料の支払いを求めた訴訟の上告審で、金田勝年法相は12日、「受信料制度は合憲」とする意見書を最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)に提出した。法務大臣権限法に基づく措置で、国が当事者でない訴訟で意見を伝えたのは戦後2例目。

 意見書は、公共放送の役割を「災害時などに国民の利益を守るため必要な情報を提供すること」と指摘。こうしたメリットを受ける国民が運営資金を負担することは不合理でないとし、「受信契約の強制には理由があり、違憲ではない」との考えを示した。

(4月12日20時01分)

政治(4月12日)