国内外ニュース

ロ外相、シリア追加攻撃に反対 ミサイル「違法」と米非難

 12日、モスクワでロシアのラブロフ外相(手前)と会談するティラーソン米国務長官(AP=共同)  12日、モスクワでロシアのラブロフ外相(手前)と会談するティラーソン米国務長官(AP=共同)
 【モスクワ共同】ティラーソン米国務長官は12日、訪問先のモスクワでロシアのラブロフ外相と会談した。シリアへの米軍の巡航ミサイル攻撃後、両者の直接会談は初めて。ラブロフ氏は会談冒頭でミサイル攻撃を「はなはだ憂慮すべき違法な行動だ」と非難、追加攻撃をしないよう要求した。アサド政権の化学兵器使用を根拠として攻撃を正当化する米国との対立が先鋭化した。

 ラブロフ氏は「同様の行動を繰り返さないようにすることが原則的に重要と考えている」と警告した。ティラーソン氏は米ロ間の相違点を認めた上で「互いを理解し溝を埋めるために、それぞれの立場をさらに明確にしたい」と応じた。

(4月12日20時01分)

国際(4月12日)