国内外ニュース

地球接近の小惑星を撮影 兵庫県立大西はりま天文台

 兵庫県立大西はりま天文台が撮影した小惑星「2014 JO25」(円内)=19日午後7時15分ごろ、兵庫県佐用町(同天文台提供)  兵庫県立大西はりま天文台が撮影した小惑星「2014 JO25」(円内)=19日午後7時15分ごろ、兵庫県佐用町(同天文台提供)
 兵庫県立大西はりま天文台(同県佐用町)は19日、地球に接近中の小惑星「2014 JO25」が約180万キロまで近づいた際の撮影に成功したと発表した。

 同天文台によると、小惑星はピーナツ状で、最も長い部分で約650メートル。数百メートル級の小惑星は数が少なく、200万キロ以内まで近づくのは十数年に1度の確率という。

 地球への最接近は計算上、19日午後9時25分ごろとされる。その後は地球から遠ざかる。この小惑星では、少なくとも過去400年間で最も地球に近づいたとみられる。

 撮影したのは「なゆた望遠鏡」で、国内最大となる口径2メートルの鏡を持つ。

(4月19日22時26分)

科学・環境(4月19日)