国内外ニュース

GW、空の予約好調 熊本は大幅に回復、韓国影響なし

 国内航空各社は21日、ゴールデンウイーク期間(4月28日~5月7日)の予約状況を発表した。昨年に続いて長期連休が取りやすい曜日の並びになっており、国内線が前年同期比11・1%増の269万9千人、国際線が7・1%増の60万8千人と、好調だった。

 国内線の熊本発着便の予約数は、全日空が約4割増、日航も約5割増となり、熊本地震の影響から大幅に回復した。

 国際線では、不安定な朝鮮半島情勢が続いている中、韓国路線は全日空と日航とも予約数が2割以上増えており、旅行を控えるなどの影響は見られないという。

(4月21日18時31分)

暮らし・話題(4月21日)