国内外ニュース

将棋、最年少藤井が14連勝 最多記録を更新

 棋王戦予選で平藤真吾七段を破り、プロ公式戦デビュー後の連勝記録を「14」に更新した藤井聡太四段=26日午後、大阪市の関西将棋会館  棋王戦予選で平藤真吾七段を破り、プロ公式戦デビュー後の連勝記録を「14」に更新した藤井聡太四段=26日午後、大阪市の関西将棋会館
 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は26日、大阪市の関西将棋会館で指された棋王戦予選で平藤真吾七段(53)を140手で破り、自身の持つプロ公式戦デビュー後の連勝記録を「14」に更新した。

 昨年12月のプロデビュー戦で、現役最高齢の加藤一二三・九段(77)を破ってから快進撃を続け、今月4日の対局に勝ってデビュー後11連勝の新記録を達成。さらに記録を伸ばしている。

 また非公式戦ながら、第一人者の羽生善治3冠(46)をインターネットテレビの対局で破るなど、大物ぶりが話題となっている。

 藤井四段は愛知県瀬戸市在住の中学3年生。

(4月26日19時06分)

文化・芸能(4月26日)