国内外ニュース

核禁止条約で溝埋まらず NPT草案、北朝鮮非難も

 【ウィーン共同】ウィーンで開かれている核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会のファンデルクワスト議長は11日、議長総括の草案を公表した。核兵器禁止条約を巡っては推進する国々と反対する核兵器保有国の溝が埋まらず、両論を併記。核開発や弾道ミサイルの発射実験を続ける北朝鮮への非難も盛り込んだ。

 準備委は最終日の12日の会合で、草案に対する各国の意見を求める。

 草案では核兵器禁止条約について、NPTを強化するとした推進国の主張と、安全保障を考慮に入れておらずNPT体制を損なうとした核兵器保有国の意見をともに明記した。

(5月12日8時10分)

国際(5月12日)