国内外ニュース

13日にかけ西日本で大雨 前線の影響、気象庁

 前線の影響で九州北部では12日、局地的に激しい雨が降った。気象庁は、13日夕方まで西日本で大気が不安定な状態が続くとして、大雨による河川の氾濫や落雷に注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、長崎県五島市では12日午前、1時間に52・5ミリの非常に激しい雨が降った。東シナ海から九州北部に延びた前線上に低気圧が発生して東へ進む見通しで、西日本では13日昼前まで、1時間に50ミリを超える大雨が局地的に降る恐れがある。

 13日午前6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多いところで四国250ミリ、九州北部180ミリ、近畿100ミリ。

(5月12日12時30分)

社会(5月12日)