国内外ニュース

米、中国に牛肉輸出 対話の成果、LNGも

 北京で6月開かれた米中戦略・経済対話に出席したケリー米国務長官(左)と汪洋・中国副首相(AP=共同)  北京で6月開かれた米中戦略・経済対話に出席したケリー米国務長官(左)と汪洋・中国副首相(AP=共同)
 【ワシントン共同】米中両政府は11日、新たに設けた両国の協議の枠組み「包括的経済対話」で、これまでに合意に至った項目を公表した。中国が米国産牛肉の輸入を認めることや米国が液化天然ガス(LNG)の輸出先として中国を公平に扱うことなど計10項目を列挙した。米中の通商関係を巡り具体的な進展が出始めたことで、トランプ政権は日本にも目に見える成果を求める圧力を強めそうだ。

 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は4月に米南部フロリダ州で開いた首脳会談で、貿易不均衡の解消などに向けた「100日計画」の策定や両国の包括的経済対話の設置で合意。

(5月12日12時50分)

経済(5月12日)