国内外ニュース

エゾシカわな購入で収賄疑い 紋別市職員を逮捕、道警

 北海道警は12日、紋別市などでつくる鳥獣被害防止対策協議会のエゾシカ捕獲用わなの購入契約を巡り、販売業者に便宜を図った見返りに現金約100万円を受け取ったとして、加重収賄の疑いで同市職員の菅原豪容疑者(47)=同市大山町=を逮捕した。

 菅原容疑者は2013年4月から16年3月まで、市農政林務課の職員として、協議会の事務も担当していた。逮捕容疑は、協議会のエゾシカ捕獲用わなの購入で、特定の狩猟用資材販売会社が適正な競争入札で選ばれたように装って契約を締結。14年2月、同社の社長から見返りに現金を受け取った疑い。贈賄側は時効が成立している。

(5月12日20時11分)

社会(5月12日)