国内外ニュース

日本郵政、野村不動産HD買収へ 数千億円、TOB検討

 日本郵政本社=2015年10月撮影  日本郵政本社=2015年10月撮影
 日本郵政が、不動産大手の野村不動産ホールディングス(HD)の買収を検討していることが12日、分かった。株式公開買い付け(TOB)を実施し、買収額は数千億円規模となる見通しだ。関係者によると、野村不動産HDの発行済み株式の33%超を握る証券最大手の野村ホールディングスと既に交渉に入っている。

 買収が実現すれば、野村不動産HDは日本郵政が保有する駅前の一等地などを活用したマンション建設や再開発が可能になる。

 日本郵政は「新たな資本業務提携についてさまざまな可能性を検討している」とのコメントを発表した。

(5月13日0時25分)

経済(5月13日)