国内外ニュース

パラ予算は1200億円 組織委試算、費用問題で

 2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担問題で、大会組織委員会がパラリンピックの開催にかかる総費用を約1200億円とする試算をまとめていることが12日、関係者への取材で分かった。東京都の小池百合子知事は11日の安倍晋三首相との会談で、パラリンピックの総費用の半額を大会組織委員会が負担し、残りを国と都が折半する枠組みで調整することを確認していた。

 五輪と重なる競技会場の整備費用など、五輪とパラの経費区分が明確でないところもあり、数字は流動的な部分もある。試算通りなら組織委が600億円、残りを国と都が300億円ずつ負担する方向になる。

(5月13日0時15分)

国際大会(5月13日)