国内外ニュース

日本、対北朝鮮で米韓と緊密連携 挑発阻止へ圧力強化

 北朝鮮のミサイル発射を受け開かれた国家安全保障会議後、取材に応じる安倍首相=14日午前11時56分、首相官邸  北朝鮮のミサイル発射を受け開かれた国家安全保障会議後、取材に応じる安倍首相=14日午前11時56分、首相官邸
 政府は北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を強く非難するとともに、さらなる挑発行動阻止のため日米韓3カ国で緊密に連携対処していく方針だ。情報の共有や分析も急ぐ。安倍晋三首相は14日、国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会合を2回開催し、中国、ロシアを含めた国際社会との協力や毅然とした対応を指示。北朝鮮に圧力強化の姿勢で臨み、国連安全保障理事会決議の順守を迫る構えだ。

 政府は北京の大使館ルートを通じ北朝鮮に厳重抗議した。首相は官邸で記者団に、ミサイル発射は明確な安保理決議違反で「断じて容認できない」と強調。「国民の安全確保に万全を期す」などと表明した。

(5月14日17時26分)

政治(5月14日)