国内外ニュース

ジーター氏が永久欠番式典 元ヤンキース主将、松井氏も出席

 ヤンキースの永久欠番記念式典で、デレク・ジーター氏と抱き合う松井秀喜氏=ニューヨーク(共同)  ヤンキースの永久欠番記念式典で、デレク・ジーター氏と抱き合う松井秀喜氏=ニューヨーク(共同)
 【ニューヨーク共同】米大リーグ、ヤンキースの元主将でメジャー歴代6位の通算3465安打を放ったデレク・ジーター氏(42)が14日、ニューヨークのヤンキースタジアムで行われた現役時代の背番号2を永久欠番とする記念式典に出席した。

 ヤンキースは「ジーター・ナイト」と銘打ち、アストロズとのダブルヘッダーの第1試合後にセレモニーを開催した。元同僚の松井秀喜氏やジョー・トーリ前監督らも姿を現した中、ジーター氏はほぼ満員の場内で「ここで20年プレーしたが、時がたつのは早く、記憶というのは消えていく。それでも、永遠にみんなに感謝したい」とあいさつした。

(5月15日10時39分)

MLB(5月15日)