国内外ニュース

東芝、半導体売却混沌 米WDが中止申し立て

 記者会見に臨む東芝の綱川智社長=15日午後、東京都港区  記者会見に臨む東芝の綱川智社長=15日午後、東京都港区
 経営再建中の東芝が進める半導体事業の売却の行方が混沌としてきた。共同投資する米ウエスタン・デジタル(WD)が中止を求めて国際商業会議所(本部パリ)の国際仲裁裁判所に仲裁を申し立てたことについて、東芝の綱川智社長は15日、東京都内での記者会見で「WDにプロセスを止める根拠はない」と強行する構えを見せた。

 売却先を実質的に決める2次入札に向けて綱川氏はWDの説得に自信を示したが、WDが折れる保証はない。負債が資産を上回る債務超過を解消できなければ、上場維持は困難になる。取引銀行の融資姿勢は厳しくなっており、綱渡りの経営が続く。

(5月15日18時20分)

経済(5月15日)