国内外ニュース

ツツジ満開、大阪・奈良の葛城山 山肌を赤く染める

 大阪府と奈良県にまたがる葛城山の山頂付近で満開となり、山肌を赤く染めるヤマツツジ=15日午後(共同通信社ヘリから)  大阪府と奈良県にまたがる葛城山の山頂付近で満開となり、山肌を赤く染めるヤマツツジ=15日午後(共同通信社ヘリから)
 大阪府と奈良県にまたがる葛城山(959メートル)の山頂付近でヤマツツジが満開になり、山肌を赤く染めている。好天の15日、多くのハイカーが訪れ、ピーク時は山頂までのロープウエーが約1時間待ちになった。

 葛城山は「一目百万本」と呼ばれるヤマツツジの名所で、約15ヘクタールにわたって広がる。奈良県御所市観光協会によると、昨年より咲き始めが1週間程度遅く、今週いっぱいは楽しめるという。

 担当者は「美しいツツジを見ながら、山下の景色も一望できる。一緒に楽しんでみては」と話している。

(5月15日19時00分)

暮らし・話題(5月15日)