国内外ニュース

仏首相にフィリップ氏 「超党派」組閣目指す

 フランスのマクロン大統領が新内閣の首相に指名したエドアール・フィリップ下院議員(ルアーブル市提供・AP=共同)  フランスのマクロン大統領が新内閣の首相に指名したエドアール・フィリップ下院議員(ルアーブル市提供・AP=共同)
 【パリ共同】「政治刷新」を掲げるフランスのマクロン大統領(39)は15日、6月の国民議会(下院)総選挙(2回投票制)を視野に入れた新内閣の首相に右派、共和党のエドアール・フィリップ下院議員(46)を指名した。新首相は16日にも閣僚名簿を公表する予定。

 超党派市民運動「前進」を率いて大統領選を戦ったマクロン氏は、左右二大政党のバランスにも配慮した組閣を目指している。フィリップ氏は共和党内で中道寄りの立場の重鎮ジュペ元首相(71)の側近として知られ、2012年の前回下院選で初当選、北部ルアーブル市長も務めている。

(5月15日22時41分)

国際(5月15日)