国内外ニュース

NY株、反発

 【ニューヨーク共同】週明け15日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前週末比69・21ドル高の2万0965・82ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は17・79ポイント高の6139・02。

 原油先物相場の大幅上昇を受けて投資家のリスク志向が回復し、買いが優勢となった。収益改善が意識された石油のシェブロンなどが相場全体をけん引した。

(5月15日23時20分)

経済(5月15日)