国内外ニュース

若者死因トップは交通事故 WHO世界調査

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は16日、2015年に世界で亡くなった10~19歳の若者は約120万人で、うち交通事故による死亡が約11万5千人に上り、死因の1位だったとの報告書を発表した。大気汚染などに起因する呼吸器疾患や自殺も多く、WHOは「多くが防止可能だ」として各国に医療サービス充実などの対策を求めた。

 WHOによると、若者の死亡の3分の2以上はアフリカや南アジアなどの低・中所得国で発生。死因別では2位が呼吸器疾患で約7万3千人、3位が自殺の約6万7千人だった。

(5月16日13時10分)

医療・健康(5月16日)