国内外ニュース

上場地銀の8割が減益 マイナス金利で利ざや縮小

 上場地銀全体の純利益の推移  上場地銀全体の純利益の推移
 東京証券取引所などに上場する地方銀行82社(持ち株会社を含む)の2017年3月期決算が16日までに出そろった。日銀が16年2月に始めたマイナス金利政策を背景に貸し出しの利ざやが縮小し、全体の約8割に当たる64社の純利益が前期に比べて減り、1社は赤字に転落した。純損益の合計は前期比11・0%減の1兆632億円だった。

 18年3月期も64社が減益を予想し、純利益合計は17・4%減の8782億円と5年ぶりに1兆円の大台を割り込む見通し。地銀の経営環境の厳しさが改めて鮮明になった。

(5月16日20時50分)

経済(5月16日)