国内外ニュース

テニス三橋元選手が永久資格停止 八百長で、罰金も

 【ローマ共同】テニスの不正監視団体、TIUは16日、男子の三橋淳元選手(27)に対し、八百長行為を働くなど不正防止規定違反があったとして、永久資格停止と罰金5万ドル(約565万円)の処分を科したと発表した。三橋元選手のシングルス世界ランキングは2009年に記録した295位が最高。

 TIUによると、15年11月に南アフリカで行われた下部ツアー大会で、かつて自身がコーチを務めた選手を通じ、シングルスは2千ドル、ダブルスは600ドルで敗退行為をするよう他の選手に働きかけた。同年12月のナイジェリアでの下部ツアー大会では直接、選手に八百長を持ち掛けた。

(5月16日19時25分)

スポーツ(5月16日)