国内外ニュース

北朝鮮、神経ガス原料の特許出願 国連機関に

 【ニューヨーク共同】米FOXニュースは15日、北朝鮮が国連専門機関、世界知的所有権機関(WIPO、本部ジュネーブ)にシアン化ナトリウム製造の国際特許を出願し、手続きが進んでいたと報じた。この化学物質は神経ガスのタブンの原料の一つとなるため、国連安全保障理事会の制裁決議によって北朝鮮への輸出が禁止されている。

 国連によると、北朝鮮の制裁決議違反を調べている安保理制裁委員会の専門家パネルが事実関係の調査に乗り出した。

 同ニュースによると、北朝鮮は2015年11月に出願手続きを始めていたが、WIPOは制裁委員会に出願について通知していなかったという。

(5月17日11時21分)

国際(5月17日)