国内外ニュース

3歳女児虐待死で13年求刑 同居26歳男に「卑劣」、埼玉

 埼玉県狭山市で昨年1月、同居女性の次女=当時(3)=に冷水をかけて放置するといった虐待をし死亡させたとして、保護責任者遺棄致死や傷害などの罪に問われた無職大河原優樹被告(26)の裁判員裁判の論告求刑公判が17日、さいたま地裁(高山光明裁判長)であり、検察側は「卑劣で極めて悪質」として懲役13年を求刑した。

 検察側は論告で「非人間的な暴行の大部分を実行しており役割は小さくない」と指摘。弁護側は最終弁論で、虐待は次女の母親の無職藤本彩香被告(24)=保護責任者遺棄致死罪などで起訴=の指示だったとして「大河原被告が虐待を主導したわけではない」と主張した。

(5月17日13時00分)

社会(5月17日)