国内外ニュース

中国、海南島にミサイル 南シナ海、米軍けん制か

 中国・海南島に配備されたとみられる地対空ミサイル発射装置の衛星写真=8日(ISI提供・共同)  中国・海南島に配備されたとみられる地対空ミサイル発射装置の衛星写真=8日(ISI提供・共同)
 【ワシントン共同】イスラエルの調査分析企業「ISI」は17日、高解像度の衛星写真に基づき、中国が南シナ海北部にある海南島に地対空ミサイル「HQ9」用の発射装置を配備したとの分析を共同通信に明らかにした。

 南シナ海をにらむ海南島の基地機能を強化することで、領有権争いを抱える周辺国や米軍をけん制する狙いがあるとみられる。ISIは「中国は南シナ海に飛行禁止区域をつくり始めているようだ」と指摘した。

 ISIによると、5月8日に撮影された衛星写真で、地対空ミサイルの発射装置2基とレーダー施設が海南島南部三亜市の高台に設置されているのが確認された。

(5月18日10時10分)

国際(5月18日)