国内外ニュース

退位特例法案、19日提出へ 「典範と一体」で違憲回避

 政府は19日、天皇陛下の退位を実現する特例法案を閣議決定し、国会提出する。退位後の呼称を「上皇」とするなどの制度設計を盛り込んだほか、皇位継承は皇室典範で定める旨の憲法規定に抵触するとの疑念を避けるため、特例法が典範と一体だと位置付ける条文を置く。想定する2018年中の退位に向け、各党の賛同を得て今国会で成立させる。

 「一体」規定は皇室典範の付則に加える形のため、典範の一部改正となる。典範改正による退位の恒久制度化を求めていた民進党の主張に配慮した。将来の全ての天皇に適用可能な退位の要件設定は困難だとして、政府は恒久化ではなく一代限定の特例法とした。

(5月18日18時00分)

政治(5月18日)