国内外ニュース

逮捕男、追突時に携帯電話使用か 2人死亡の名神玉突き事故

 愛知県一宮市の名神高速道路上り線で18日、トラックが軽乗用車に追突し、2人が死亡した玉突き事故で、トラックを運転していた男(45)が追突時に「携帯電話を見ていて、前をよく見ていなかった」と供述していることが19日、捜査関係者への取材で分かった。県警によると、現場にはブレーキ痕がなかった。

 男は同県春日井市鳥居松町、運送会社社員奥村晃史容疑者。県警は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕したが、入院のためいったん釈放。回復を待って容疑を過失致死傷に切り替えて事情を聴く方針。

(5月19日19時40分)

社会(5月19日)