国内外ニュース

瑞光が9億円申告漏れ 移転価格税制、国税局指摘

 衛生用品製造機メーカーの「瑞光」(大阪府摂津市)が大阪国税局の税務調査を受け、国内で計上するべき所得を海外子会社に移転したとして、移転価格税制に基づき2016年2月期までの6年間に約9億円の申告漏れを指摘されていたことが24日、分かった。

 追徴税額は過少申告加算税などを含めて約3億9千万円。瑞光は修正申告し、全額納付した。

 同社によると、中国にある子会社との取引を巡り、国税局は瑞光が技術提供しているにもかかわらず、子会社から支払われている利益が少ないと指摘。本来得るべき利益を国外に移転させたと認定したもようだ。

(5月25日2時05分)

社会(5月25日)