国内外ニュース

東京六大学野球、慶大がVへ王手 6季ぶり、最終週

 東京六大学野球リーグ最終週第1日は27日、神宮球場で早大―慶大1回戦が行われ、慶大が8―5で先勝した。28日の2回戦も勝てば2014年春以来6季ぶり35度目の優勝が決まり、敗れると既に全日程を終えている立大の1999年秋以来13度目の制覇となる。

 慶大は六回に清水翔の満塁本塁打で先制。4―5の七回には柳町にも満塁本塁打が飛び出して逆転した。

(5月27日16時10分)

スポーツ(5月27日)