国内外ニュース

広域避難体制や避難路整備を要望 愛媛知事、原子力災害に備え

 山本原子力防災相(右)に要望書を手渡す愛媛県の中村時広知事=29日午後、東京都千代田区  山本原子力防災相(右)に要望書を手渡す愛媛県の中村時広知事=29日午後、東京都千代田区
 愛媛県の中村時広知事は29日、山本公一原子力防災担当相と東京都内で会談し、再稼働した四国電力伊方原発3号機の原子力災害に備え、広域避難体制や緊急時の避難路の整備などを要望した。

 中村氏は災害が発生した場合「どの程度支援してくれるかを事前に把握する必要がある」と述べ、自衛隊の車両や船などの避難手段について投入可能な規模を示すなど、国の支援体制を明確化するよう訴えた。山本氏は「住民に安心されるよう、内閣府が中心となって進めたい」と話した。

 中村氏は世耕弘成経済産業相とも経産省で会談し、3号機の安全対策強化を要請した。

(5月29日17時00分)

科学・環境(5月29日)