国内外ニュース

4月の求人倍率、バブル期超え 1・48倍、43年ぶりの高水準

 有効求人倍率の推移  有効求人倍率の推移
 厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から0・03ポイント上昇し、1・48倍だった。バブル経済時の最高水準の1・46倍を超え、高度成長期直後の1974年2月に記録した1・53倍以来、43年2カ月ぶりの高水準となった。総務省が発表した4月の完全失業率(季節調整値)は、前月と同じ2・8%だった。

 有効求人倍率は求職者1人当たりの求人数を示し、企業の人手不足感を背景に改善が続いている。正社員に限った求人も0・97倍まで回復。求人票が届けられたハローワークが所在する都道府県別では、最高は東京の2・07倍、最低は北海道の1・09倍だった。

(5月30日9時15分)

経済(5月30日)