国内外ニュース

上野のパンダ、妊娠兆候続く 産室でくつろぐ様子も

 ジャイアントパンダの雌シンシン=29日、東京・上野動物園(公財・東京動物園協会提供)  ジャイアントパンダの雌シンシン=29日、東京・上野動物園(公財・東京動物園協会提供)
 上野動物園(東京都台東区)は30日、公開を中止しているジャイアントパンダの雌シンシン(11歳)について、強い妊娠兆候が続いていると発表した。

 同園によると、シンシンは竹を食べる量が普段の半分以下になり、寝ている時間は倍近くに。産室でくつろぐ様子も見られ、妊娠した際に分泌される尿中のホルモン代謝物も高い値が続いている。出産に立ち会う中国の専門家が近く来日する予定だという。

 妊娠していないのにしているような特徴を示す「偽妊娠」の可能性もまだあるが、妊娠していた場合、早ければ6月初旬にも同園で5年ぶりとなる赤ちゃんが誕生する。

(5月30日15時56分)

暮らし・話題(5月30日)