国内外ニュース

ソフトB内川、首痛で登録抹消 監督「期間空けて治療」

 ソフトバンクの内川聖一選手  ソフトバンクの内川聖一選手  出場選手登録を外れ、引き揚げるソフトバンク・内川=横浜  出場選手登録を外れ、引き揚げるソフトバンク・内川=横浜
 ソフトバンクの内川聖一選手が3日、出場選手登録を外れた。2日のDeNA戦で空振りをした際に首の左付け根付近を痛め、途中交代していた。工藤公康監督は「初めての(箇所)というのが大きい。思い切って期間を空けて、治療した方がいい」と登録抹消の理由を説明した。1軍に同行して治療を続け、再登録できるのは13日以降。

 34歳の内川は開幕から好調を維持し、通算2千安打まで残り40本に迫る。前日まで全53試合で4番に座り、打率3割3分、11本塁打、43打点をマークしていた。主将を務める内川の離脱は痛いが、工藤監督は「万全の状態で戻ってきてくれた方がいい」と話した。

(6月3日15時12分)

プロ野球(6月3日)