国内外ニュース

米豪、北朝鮮へ「適切な圧力」を 外務・防衛閣僚協議

 共同記者会見に臨むティラーソン米国務長官(左)とオーストラリアのビショップ外相=5日、シドニー(ゲッティ=共同)  共同記者会見に臨むティラーソン米国務長官(左)とオーストラリアのビショップ外相=5日、シドニー(ゲッティ=共同)
 【シドニー共同】米国とオーストラリアの外務・防衛閣僚協議(2プラス2)が5日、シドニーで行われ、ティラーソン米国務長官は記者会見で「われわれは北朝鮮に違法な核開発を放棄するよう呼び掛ける」と述べた。中国など関係国に対し、北朝鮮への「適切な圧力」を含め「問題解決への努力を強化すべきだ」と要請した。

 ティラーソン氏は中国について「建設的な関係を望むが、南シナ海で人工島を軍事化したり、北朝鮮への圧力を怠ったりすることは許さない」と責任ある行動を求めた。

 オーストラリアのビショップ外相は会見で、英ロンドンで起きたテロに言及し「両国は断固としてテロと戦う」と強調。

(6月5日17時20分)

国際(6月5日)