国内外ニュース

東京円、109円台後半

 6日の東京外国為替市場の円相場は、約1カ月半ぶりの高値水準となる1ドル=109円台後半で取引された。

 午後5時現在は、前日比90銭円高ドル安の1ドル=109円62~64銭。ユーロは1円19銭円高ユーロ安の1ユーロ=123円31~35銭。

 米国のコミー前連邦捜査局(FBI)長官の議会証言や英国の総選挙などを控え、海外情勢の先行き不透明感が意識され、比較的安全な資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢だった。日経平均株価が2万円の大台を割ったことも投資家の消極姿勢を強めた。

 市場では「重要イベントを前に、投資家が神経質な動きになっている」との声があった。

(6月6日18時16分)

経済(6月6日)