国内外ニュース

JOC、選手のCM出演を緩和 平昌冬季五輪で

 日本オリンピック委員会(JOC)は6日の理事会で、来年の平昌冬季五輪期間中の選手の商業活動について、所属先企業など五輪スポンサー以外のテレビCM出演を条件付きで容認する方針を報告した。国際オリンピック委員会(IOC)の規定緩和を受けたもので、選手の競技生活を支援する所属企業に配慮を示した。

 これまで大会期間中は高額の協賛金を支払った五輪スポンサーだけが独占的に選手を使った広告活動を認められていたが、IOCは昨年のリオデジャネイロ五輪から例外規定を設けて制限を緩和した。平昌五輪でも同様の措置を取ることにし、各国・地域のオリンピック委員会に判断を委ねていた。

(6月6日20時51分)

国際大会(6月6日)