国内外ニュース

中退生、高1の1学期に意欲低下 入学直後の支援重要

 中退を防ぐには、高校1年の1学期での支援が重要―。国立教育政策研究所は7日、高1で中退した生徒は、それ以外の生徒と比べて、入学直後から7月にかけて学校生活への意欲が大きく低下していたとの調査結果を発表した。

 調査は中退率が全国平均に近い、ある県の公立高校に2011年度に入学した全生徒約1万3千人を対象に実施。11年4月から13年11月まで計11回、学校生活について質問し、4段階で点数化して分析した。

 「授業が良く分かる」「高校に行くのが楽しい」などの質問項目に対し、高1で中退した生徒のグループの平均値は11年4月から同7月にかけて大きく低下していた。

(6月7日17時30分)

暮らし・話題(6月7日)