国内外ニュース

中国見本市で自動運転活況 ホンダ、AI技術を披露

 ホンダが公開した、ロボット技術を駆使した「倒れないバイク」=7日、上海(共同)  ホンダが公開した、ロボット技術を駆使した「倒れないバイク」=7日、上海(共同)
 【上海共同】中国上海市で家電などの先端技術の見本市「CESアジア」が7日に開幕し、各社が自動運転などの最新技術を公開した。日本勢ではホンダがロボット技術を駆使した「倒れないバイク」や、人工知能(AI)が運転を支援する次世代の自動車を披露した。今月9日まで。

 中国のIT企業が自動運転技術をアピールする一方で、欧州の自動車メーカーが車とインターネットの連携がもたらす将来像を示すなど、IT企業と車メーカーの協力や競争が増えることが予想される出展が目立った。

 ホンダのバイクは、二足歩行ロボット「ASIMO」の技術を応用。自らバランスを取って立つことができる。

(6月7日19時10分)

経済(6月7日)