国内外ニュース

柔道の混合団体も最終候補 東京五輪新種目、9日決定

 2020年東京五輪の新種目選定で、男女3人ずつで争う柔道の混合団体が最終候補に残っていることが8日、関係者への取材で分かった。国際オリンピック委員会(IOC)は五輪改革で混合種目の導入や男女の種目数の同数化を推進する方針を示しており、9日にスイスのローザンヌで開く臨時理事会で東京五輪の新種目を含めた実施種目を決定する。

 関係者によると、若者に人気がある点を重視してバスケットボールの3人制は採用が有力。日本のメダル有望種目となる柔道の混合団体も最終候補に残っており、理事会の協議が注目される。

(6月8日22時55分)

国際大会(6月8日)