国内外ニュース

米、キューバ政策見直し 16日にも発表、制裁強化か

 【ワシントン共同】ロイター通信は9日、トランプ米大統領が16日にも、オバマ前政権が推進したキューバ政策の見直しを発表すると報じた。前政権下で緩和した渡航、貿易に関する制裁を強化するのが柱で、関係正常化に向けた動きが逆行する恐れがある。

 オバマ前政権は2015年7月、約半世紀ぶりにキューバとの国交回復を実現し、経済制裁の解除を進めた。トランプ氏はキューバの人権問題を放置したまま国交回復を急いだと批判し、国交再断絶に言及したこともある。

 ロイターによると、キューバ軍と関連した企業との取引禁止を含む制裁強化案が浮上している。

(6月10日10時26分)

国際(6月10日)