国内外ニュース

卓球の吉村、石川に各500万円 世界選手権で報奨金

 日本卓球協会は10日、東京都内で理事会を開き、世界選手権個人戦(ドイツ)の混合ダブルスで優勝した吉村真晴(名古屋ダイハツ)と石川佳純(全農)に、規定に従ってそれぞれ500万円の報奨金を贈ることを決めた。女子シングルスで銅メダルの平野美宇(エリートアカデミー)には300万円を支給する。

 男子ダブルスで銀メダルの大島祐哉(木下グループ)と森薗政崇(明大)は各250万円を受け取る。銅メダルだった同ダブルスの吉村と丹羽孝希(スヴェンソン)、女子ダブルスの伊藤美誠(スターツ)と早田ひな(福岡・希望が丘高)はそれぞれ150万円。吉村は合計で650万円となった。

(6月10日18時45分)

スポーツ(6月10日)